​サステナブル料理

​環境・健康・お財布に優しい料理がコンセプト。

目標は、多くのアクティブなキッチンに小さなSDGsをちりばめること!

必要なアピールのひとつには、小さくても確実に持続可能で楽しみを含む具体例や新しいアイディアと考え、

以下の4カテゴリーを主軸に発信。2020年はカテゴリー毎に更に深堀りしてゆきます。

※「最上のおもてなし4」で一部的にご紹介予定!(2020年夏ごろ発売、草土出版)

・食品ロス対策

・CO₂対策

・プラごみ対策

・サステナブルな食材の「調理法」

​■例

​ロス対策

​過剰除去のロス対策

​ロス対策(昆布の利活用)​・プチ減塩

プラごみ対策

CO₂対策

プラごみ対策

​健康・美味しさ

​食材に特化した事例

​SDGsについて

主に8つのゴールを中心に目指します。(SDGsについてはこちら​←国連広報センターのページリンクです

SDGsについて、一般のキッチンユーザーの方々からは

「お金がかかりそう」「(時間的・精神的)余裕がある人にしか無理」「企業が取り組むもの」といった声がしばしば聞かれます。

それらのイメージを払拭し、すすんで継続的に取り組んでいただくには、

調理の楽しさや役に立つ発見を含めた、簡単でストレスのかからない内容の料理が有効なアプローチのひとつと感じ

「環境・健康・お財布に優しいサステナブル料理」を掲げ、発信してゆきます。

同時に企業様、事業者様、生産者様、キッチンユーザー、コミュニティの方々とのパートナーシップを目指し取り組んで参ります。

より多くの​キッチンユーザーに届く​

​企業様、団体様

事業者様

​生産者様

キッチン​ユーザー

コミュニティ 等

協働により

​貢献を目指す

「サステナブル料理」基本的発信

比較的関心の高い層等​限られた

キッチンユーザーに届く

​協働

​「サステナブル料理」基本事項

また、環境や社会に配慮した食材の中では、調理法によって美味しさが十分に伝わりにくいものがあります。

わざわざ購入された消費者を確実に満足させるためには、確実に美味しく食べさせる「調理法」の伝達が必要不可欠と感じます。誰にでも実現可能な調理法を研究開発いたします。

​食材

​確実に美味しい調理法

​確実に美味しい調理法

環境・社会に配慮しているうえ

美味しい、使いやすい

​→リピートへ

​確実に美味しい調理法を踏まえたアレンジレシピ(失敗しない)

 サステナブル料理家・日本茶アンバサダー 佐々木綾子

​aya.nonnina@gmail.com 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now